2006 Round.4

■第4戦 オートポリス 2006.5.27・28

オートポリス予選

■A.R.T.走行/予選
今回のオートポリスは事前テスト無しのぶっつけとなりました。金曜のコンディションはウェット。 新型のレインタイヤとコースを確認しながらペースを上げていきました。 新しいタイヤは前の物と比較してグリップも良く、縦の剛性が強いのでマシンを起こしてからアクセルを開ける速度が速くなったと感じました。 路面は全体的にグリップは良いものの、所々川ができて気の抜けない状況でした。 この走行でのベストタイムは2分09秒28でした。

土曜予選。一回目はウェットでの走行。相変わらずウェットでのマシンは良かったのですが、 一周をまとめる事が出来ずタイムは2分10秒180。二回目はドライで走れそうだったのですが、 コースイン直後に雨。ピットに戻りレインタイヤに変え、再びコースインしました。 しかし思ったよりも強く降らず前のタイムを上回る前にタイヤが終わり予選を終了しました。 グリットは頭取りになり36番手となりました。

オートポリス決勝

■決勝
日曜決勝。天気は晴れ、路面ドライ。オートポリス初のドライ走行になってしまいました。 ウェットのセットをベースにしてアジャストしましたが、決勝中は跳ねる、曲がらないで順位を落としました。 結果30位でチェッカーを受けました。テスト不足が結果に出てしまいました。

レポートページに戻る   前のレースへ   次のレースへ