2007 Round.3

■第3戦 筑波サーキット 2007.5.11〜13

ART走行

■A.R.T.合同走行 5/11
まだ新しい車体の方向性が解らないので、この走行ではリアのサスペンションのセットアップと2種類のフロントタイヤをテストしました。 サスペンションはまだ良いところまではいきませんでしたが、タイヤの特性は確認できました。

ベストタイム 1分02秒74

予選

■フリー走行 5/12
前の走行から車体姿勢を変更しました。良い感じにはなってきましたが、まだ気になる部分があったので更にセットアップを進めました。 しかし納得いくまで達していない感じで予選を迎えることになりました。
ベストタイム 1分02秒17

■公式予選 5/12
路面はドライ。風も殆んど無くとてもよいコンディションでの予選となりました。 まだセッティングも決まっていない状態なので、何度かピットインをしてセットアップしながら周回しました。 残り時間が少なくなりタイムアタックを試みましたが、クリアラップを上手くとれず予選を終了しました。
ベストタイム 1分02秒54 予選リザルト:3位

決勝

■フリー走行 5/13
今までのセッティングの流れを再度確認して一番良かったところから違う方向で変更し、決勝へ向け確認しました。
ベストタイム 1分02秒14

■決勝レース 5/13
朝のフリー走行では、良い方にセッティングが進んだので自信を持ち決勝に臨みました。 スタートは決まりホールショットを奪いました。第一ヘアピンで中木選手にトップを奪われ、1周目を2位で終えました。 2周目の第二ヘアピンで中木選手が転倒し再びトップに浮上。それからは森選手とトップ争いを展開しました。 その間、中木選手が猛烈な追い上げを見せていました。 残り3周、周回遅れのマシンをパスするのに手間取っていると中木選手に追いつかれ、残り2周の最終コーナーでトップを奪われました。 最終ラップはラインをブロックされ、第3戦を2位でチェッカーを受けました。
決勝リザルト:2位

■レースを振り返って
マシンの状態を気にし過ぎ、本来の走りができなかった。同じ方向ばかりで無く乗り方を変える器用さを身に付けたい。

レポートページに戻る | 前のレース | 次のレースへ